生物の先生になりたいの!

迷走と突進を繰り返しながら終着点は”先生” (ただし現時点)

すごい人になる方法 ~『バッタを倒しにアフリカへ』から学ぶ~

f:id:kanaolgy:20191018215639p:plain

 

 


すごい人・勇気がある人・好きなことで生きている人・メンタルが強い人…

 

そんな人は “一握りで才能のある特別な人” しかなれないんじゃない?

なんて思っていませんか?

 

実はそんな完璧でもともと強い人なんてそういないです。

 

一見特別強そうな別次元の人のような人が書いた、

私たちが今からでも真似できそうな、すごい人になる方法がいっぱい詰まった本を読んだので私なりに読み取ったことを解説します。

 

やりたいこと・夢のある人に向けての記事と、すごい人のなり方の記事に分けたので、目次からぴょーんと行って読んでください。

あ、はい、これは読書感想文です(笑)

 

 

 

あらすじ

本は、これ、大ヒット中のバッタを倒しにアフリカへです。

 

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)

 

 

バッタ&アフリカというパワーワードですが、小難しいことも一切なく本当に楽しく筆者の世界に入ることが出来ます。

 

笑いあり、涙ありといった感じの内容で飽きることなくあっという間に読み終わってしまいます。

 

ちなみに、私もこの筆者と同じようにフィールドワークの経験があるのですがそういった部分はあるある~なんてことも若干感じたり、この人本当に優秀だな…(筆者はさらっと書いている細かな部分に本当に研究者としての凄さを感じました)と思ったりもしながら読んでいました。

 

 

ですが今回は、生物や虫やアフリカなどではなく、

この本から学べた生き方・在り方を紹介します。

 

 

やりたいこと・夢・大好きなことがある人

「好き」が持つ力

 

バッタを愛する作者がバッタを求めてアフリカに渡って奮闘する様子は、楽しそうでもあり、過酷そうでもあります。

 

実際に、資金難になり、無職になる所まで作者は追い込まれています。ヒエー

 

この本を読んで多くの人は研究者の道は険しいなあと思うかもしれません。

 

でも、私が感じたのは、

作者のバッタを好きという気持ちが

身近な人達の人生に入り込み、

私たち読者の心も揺さぶり、

応援せずにはいられなくさせます

 

純粋な気持ちや姿勢はそれだけで多くの人を突き動かす力があるとこの本で改めて確信しました。

 

大好きなこと・熱中できることに巡り合える人はそんなに多くないと思います。

 

だからこそ、私たちはそんな人に惹かれて、自分の分まで思いを託したくなってしまうのではないでしょうか。

 

 

「好き」で生きていく方法

恐らくこの作者の前野ウルド浩太郎さんには今多くのファンがいて、ブログ・ツイッターにもたくさんの読者やフォロワーがいます。

 

ブログはこちら:砂漠のリアルムシキング

ツイッターはこちら:前野ウルド浩太郎 (@otokomaeno175) | Twitter

 

アフリカライフ・日々の活躍・ためになる本の紹介などもされています。

 

そんな彼からの生きた情報を大勢の人が心待ちにしています。

 

こんな風にインターネット上で多くの人から必要とされている今、ネットが無かった昔よりもはるかに「好き」を表現して生きていくことがしやすい世の中だと思います。

 

彼のリアルムシキングライフを見たい人がいる以上、需要と供給が成り立って皆がハッピーになれるビジネスとして成り立ちます。

 

私もリアルムシキングの顧客になります(笑)

 

しかもこんな生物の先生いたら本当に面白そうですよね!私が生徒だったら、

「生物は自分で勉強するから、授業では色んな体験談して!」って思います(笑)

 

本当に面白そう…(遠い目)

 

 

 

“すごい人”のなり方

 

アフリカで一人、バッタと戦うなんて強い人だなと思う人も多いかもしれませんが、私が彼の奮闘ぶりを読んで感じたのは

やっぱりもともと強い人なんていないということです。

 

 

それでは彼から感じる強さの正体は何なんでしょうか。

 

全く違った環境で生きる強さ・孤独と戦う強さ・挑戦する強さ・挫折を跳ね返す強さ

が主に彼の強さを作っているように思いました。

 

でもこれ、一つ一つは、私たちが今からでもマネできる方法で獲得されていました

一つずつ見ていきましょう。

 

違った環境で生きる強さ

 

前野さんのようにアフリカ!とまではいかなくても私たちの生活の中では

新しい環境や、アウェイの中に飛び込まなくてはならない場面が時々あります。

 

たとえば、クラス替え・新学期・進学・引っ越し・就職なんかですね。

 

私も大学に中学入学・大学入学・留学…人生で何度か独りぼっちになりました。

大学では全く知らない土地で知ってる人は一人もいませんでした。

留学ではさらに言葉・文化・常識まで全く通じませんでした。

 

そんな風にアウェイな状況で一番強い人は柔軟な人だと思います。

 

  • 出会った人をまず自分から大好きになり尊敬し、
  • 地域の特性や気候などもすべて受け入れ感謝します。
  • 新しい風習・食べ物・文化・習慣などに出会ったら、先入観を捨ててまずは取り入れてみます。
  • するとだんだんと自分が順応し、周りからも受け入れられて、居場所が出来てきます。
  • いつしか第二の故郷のようになり居心地がよくなっていきます。

 

つまり違った環境で生きる強さの正体は、自分を変えていく順応力です。

耐えること・我慢することは二の次三の次です。

 

 

孤独と戦う強さ

本の中で、前野さんが孤独感で気が滅入りそうになっている場面がありました。

私たちの生活でも孤独感を感じる場面は多くあると思います。

 

そんな時強い人は、すかさず他人に助けを求められる人です。

 

助けを求めるのは苦手な人が多いと思います。

実際に私も苦手で孤独感で押し潰されそうに何度もなってきました(苦笑)

 

助けを求められる人は一人でどうにかしようとする人よりはるかに強いのかもしれません。

 

逆の立場であれば、頼られて嫌な気はしませんし、ましてや自分が応援している人・大切な人から頼られれば、力になりたい!と思うはず。

 

さらに、もしそんなときに身近な大切な人が頼ってもくれずに潰れてしまったら…

「なんで頼ってくれなかったんだ…、私はそんな存在だったのか…」なんて頼られなかった人もがっかりしてしまいます。

 

復活したらこのたちの力になれる!と自信をもって頼ることこそが強さであり、優しさだと思います。

 

自分が辛い時は、頼ることは相手を思いやっている行動でもあるんだと思って頼ることも大切ですね。

 

 

挑戦する強さ

本の話、すべてが挑戦!という感じですが、特に一世一代の決断をしている場面があります。(ここではあえて伏せておきます。気になる方は読んでみてください!)

 

私たちが何かの岐路に立った時、仮に選択肢の中に、とてもリスクがあるがとても魅力的なものがあって迷うとします。

 

そんなときにリスクをとることのできる人は強いなと思いますよね。

 

ただ、無計画でがむしゃらにリスクをとればいいというわけではないです。

 

その賭けをしていい時は、

  1. それまでの過程で多くのことを既に学び、スキルが身に付いているとき
  2. 実は失敗してもただ振り出しに戻るだけのとき
  3. 人生をかけてやりたいことでいつか後悔する気がするとき
  4. 安定・待遇・名誉・お金などのいずれかが理由で他の選択肢を選びたいとき

 

だと私は思っています。

 

1の学んだことやスキルは特に大切で、たとえ失敗しても、何らかの形で生かせる場があれば、その挑戦に失敗したとしても、全てを失うわけではありません。

 

時に非合理的で情熱的な判断があるからこそ、

人生が面白くなるのではないでしょうか。

 

 

挫折を跳ね返す強さ

本の中では目的地に着く前の空港からでの挫折(ハプニング)から始まり、時に本当に大きな挫折もありました。

 

そんな時に跳ね返したり乗り越えたりしている様子を感じ、強いなという印象を受ける人も多いと思います。

 

ただ、前野さんはしっかり毎回凹んでいると思いますし、毎回「終わった…」なんて思っていたと思います(何となくですが(笑))

 

ではなんで乗り越えられるのでしょう。これはただ、

ぶれないゴールをずっと見据えているからできることだと思います。

 

毎回色々なことで凹みながらも、ぶれないゴールに向かっては虎視眈々と努力をし続けます

 

ただ、盲目にはならずに周囲のことをキャッチするセンサーは敏感に働かせ続けます

 

そのためにふざけてみたり遊んでみたりするのは本当に有効だと思います。

 

そしてこの本の中ではゴミダマ(虫)に関する大発見から、バッタに関する大発見に繋がって、ふざけていたように見えることもすべて、確実に成果となっていました。

 

つまり、挫折を乗り越える強さの正体は、

ゆるぎないゴールを見据える力と、

盲目にならずに色々なことを敏感にキャッチするフットワークの軽さ

の共存にあります。

 

 目標に向かって走ることはもちろん大切ですが、遊びや息抜き・おふざけなんかも大切ってことですね。

 

 

以上、長々と書いてきましたが、最後まで読んでくださった方はありがとうございました。

 

 

前野さんみたいに周りの人を惹きつけて皆味方にして突き進む人間になりたいな~

 

 

 

それでは!